いったら分かる車買取
ホーム > 交通事故 > 家のすぐ近くが事故現場で、生々しいチョークの痕跡があった

家のすぐ近くが事故現場で、生々しいチョークの痕跡があった

先日、義母が交通事故に遭いました。

 

自転車で移動中に、曲がり角で乗用車と衝突してしまったのです。

自転車でどこに行こうとしていたのか?と言うと、新しい家を探すために義父と一緒に不動産めぐりをしていたのです。

 

というのもアパートのオーナーが、「来年アパートを取り壊す事にしたから、引越してほしい」と言って来たのです。

先代のオーナーが亡くなり、先月新しいオーナーと再契約したばっかりなのに!

 

そのため、この日も不動産めぐりのために夫婦2人で仲良く自転車に乗り、家を出てすぐの曲がり角を曲がったその時に、事故が起きたのでした。

事故現場が家のすぐ近く、という事で、義父は家から出る度に事故現場に書かれた生々しいチョークの痕跡を見る事になり、しばらく家から出たくないなあ。と言っていました。

 

幸い、事故と言っても打ち身程度で済んだのですが、怖いなと思ってしまいました。

 

と言うのも、義母は頭を打ったせいか、病院に行った時に記憶が飛んでしまっていたらしいのです。

 

交通事故は通常保険屋ですが最近が弁護士に一度相談した方がいいとも聞きます。

むちうちくらいなら頼まなくてもいいのかな〜