いったら分かる車買取
ホーム > > ワケあり物件の説明義務の必要性

ワケあり物件の説明義務の必要性

自殺者が出た「ワケあり物件」。
不動産屋さんや大家さんとの初対面で報告して欲しいですね。

主人は心霊現象もホラー映画も大好きな人なのでそんな話聞いたら「いつでも出て来い」と意気揚々とするでしょう。
ですが私はそういった類が大の苦手。
聞かずに入居して何かあって聞いた時に「実は・・・」なんて言われても引越し資金だってすぐには用意できないだろうしかと言って何かあった部屋に住んでられないしと精神的に追いやられるような気がします。

ただ、この義務、事件・事故が起こってからだいぶ経っていると説明義務がなくなるそうなんです。
よくテレビで「押し入れの奥から古いお札が」なんてありますがそこまで古い話はなかったことになってしまうらしく、「そんなのただの思い込みでしかないんだ」とことを済ませてしまえる方からすればなんでもない話なのでしょうがそうは思えない私のような方はただ震えるしかないのでしょうね。

いずれにしても「なにか」あったのであればかまえていられるように報告していただきたいですね。
引越し費用がない場合はキャッシングがおすすめですよ
こちら(⇒カードローンまとめる123/すぐ分かる!借入一本化のメリット)のサイトでさらに詳しく書かれています。